SBI証券のS株

スポンサードリンク

S株を始めるには

S株とは?

 

ミニ株と似たような制度でプチ株とS株があります。

 

プチ株はカブドットコム証券の金融商品でS株はSBI証券の金融商品になります。

 

残念ながらカブドットコム証券では未成年の口座開設を認めていませんので、未成年でプチ株を始めることはできません。

 

しかし、SBI証券では未成年者でも口座開設できるのでS株を始めることができます。

 

S株とは銘柄の単元に関わらず、1株単位から購入できる制度です。

 

例えば1株100円で単元1000株から購入できる銘柄の場合ですと最低でも10万円の資金が必要になりますが、

 

S株の場合、単元は関係無いので1株から購入することができます。そのため100円で株を買うことができるのです。

 

ミニ株よりさらに少額から投資できるサービスがS株となります。

 

S株を始めるには?

 

S株は全ての証券会社で取り扱っている金融商品ではありません。

 

上記でも説明したとおりSBI証券の独自のサービスになります。

 

そのためS株を始めるにはSBI証券で口座開設する必要があります。

 

S株とミニ株の違いは?

 

ミニ株は単元の10分の1という決まりがあるがS株は単元数に決まりが無く、1株からの購入が可能です。

 

約定金額によって一概には言えませんが、ミニ株よりS株の方が手数料が安い

 

ミニ株はほとんどの市場の銘柄を扱っているがS株は名証など取り扱っていない市場がある

 

S株では取引きできる時間が制限される(取引時間は市場によって異なります)

 

S株メリット

 

少額から株式投資ができるのが魅力です。

 

5千円~10万円くらいの範囲で取引したい人にはおすすめです。

 

対象年齢は特にはありませんが、10代など未成年の学生でもお年玉などでも気軽に始めることができます。

スポンサードリンク

S株のやり方関連ページ

株って何?
株とは?株式会社の仕組みから株を購入できる市場の種類まで株式投資の経済的役割とは?について紹介します。
株価の決まり方
株価の決まり方、株価の見方や株価の決まり方、 株価が上がる理由や下がる理由など株式市場の需要と供給について紹介します。
株で儲かるとは?
株で儲かるとは?株でも儲かるには「売買益」、「配当」、「株主優待」があります。株で儲かるにはやはり株情報が欠かせません。
株は1万円から始められる!
株始める資金、「株をはじめるのに必要な資金はいくらですか?」と疑問を持っている人のために、初めて株を始める人のために株を始める資金の目安を紹介します。
リスク・リターンの関係
リスク・リターンの関係・・・リスクが低い投資内容はリターンも低く、リスクが高い投資内容はリターンも高いことが多いです。ここでは投資の豆知識を紹介します。
ミニ株のやり方
ミニ株のやり方、始め方。ミニ株の基礎知識からメリット、デメリット、ミニ株を扱っている証券会社、ミニ株に向いている人など紹介します。
未成年でも海外の株を買えます
未成年から株取引、私の高校時代の株式を始めた時の体験談を紹介します。株式投資を始めた環境など未成年でも株取引をしていたことなど説明します。