スポンサードリンク

高校時代の株式体験談

株式投資と言うと未成年や学生といった子供から始めることができるイメージが無いと思います。

 

しかし、実際には20歳未満でも株式投資を始めている人はたくさんいるのです。

 

それどころか、最近では中学生でも株を始めている人が多いと言うのですから驚きです。

 

私自身も18歳から株式投資を始めましたし、周りの友人でも未成年から株を始めている人はたくさんいました。

 

周りの友人で未成年から株取引をしている人がたくさんいたというの結構レアな環境でしたが、

 

その分、友人同士で投資について情報交換をすることが出来たり、互いにライバル心を持っていたので一生懸命株式投資について勉強しました。

 

その結果、私たちのグループは高校生ながらそこそこの投資実績を残すことが出来ました。

 

株式投資は1人で始めるよりも仲間同士で始めた方が上達が早いと言われています。

 

是非、お友達に未成年でも株式投資ができることを伝えて、当サイトを紹介していただければと思います。

 

 

以上「未成年の株取引」でした!

 

 

未成年が口座開設する方法トップページへ戻る

未成年の株取引記事一覧

株式投資ってなんだろうか?株式投資をしている人の中でもこの質問に答えられる人は少ないでしょう。ここでは未成年でも分かる株式投資の仕組みを説明していきます。株式会社株を簡単に説明すると、会社を設立する時やこれから新しい事業を行う時は大きなお金が必要になるものです。しかし、多くの人が大金を持っているとは限りません。そこでお金持ちの資産家に株券を買ってもらいお金を出資してもらうのです。この仕組みで運営さ...

株価は毎日ように変動していますが、株価はどのようにして決まっているか知ってますか?実はすごく単純なんです。株を買いたい人と売りたい人の需要と供給で株価は決まります。つまり、株価が上がるということはその株の購入量(需要)が売却量(供給)を上回っているということです。逆に株価が下がるということはその株の売却量(供給)が購入量(需要)を上回っているということです。日常の商品も需要と供給によって値段が決ま...

株で利益を出す方法は3つあります。主に「売買益」、「配当」、「株主優待」になります。売買益売買益とは単純に買った金額より高い値段で株を売ることにより得ることができる利益になります。つまる「安く買って」「高く売る」ということですね。売買益のことを売買差益ともいいます。一般的に専業デイトレーダーと呼ばれる短期で株を売買する人の多くは売買益によって生計を立てています。配当企業が出資してくれたお礼として利...

単元とは?はじめに株を購入する時に重要なキーワードとなるのが単元になります。単元とは株を購入する時の最低で購入しなければいけない株の枚数になります。例えば1株250円となっている株があるとします。一見250円から購入できるような気がしますが、単元1000株となっている場合ですと・・・250円×1000株=250,000円25万円がこの株式を購入するのに必要な金額になります。自分の買いたい株「株をは...

リスク・リターンの基礎これは株式投資に限った話しではなく、投資全般に言えることですが、リスクが低い投資内容はリターンも低く、リスクが高い投資内容はリターンも高いことが多いです。基本的にはリスクとリターンはおおよそ比例するということです。ただ、経済の流れなどによってリスクがリターンを上回ることもあれば、リターンがリスクを上回ることもあります。実際にリスクとリターンを数字で表すことは不可能とされていま...

ミニ株とは?ミニ株とは単元の10分の1の株数から購入できる株取引のサービスのことです。単元とは最低でも買う必要のある株数のことです。単元は銘柄によって異なります。単元1株、単元10株、単元100株、単元1000株など市場に売り出されている会社の銘柄によって違いがあります。一般的に単元100の銘柄が多いとされています。通常の株式現物取引の場合ですと、1株1000円で単元100株の場合だと最低でも10...

S株とは?ミニ株と似たような制度でプチ株とS株があります。プチ株はカブドットコム証券の金融商品でS株はSBI証券の金融商品になります。残念ながらカブドットコム証券では未成年の口座開設を認めていませんので、未成年でプチ株を始めることはできません。しかし、SBI証券では未成年者でも口座開設できるのでS株を始めることができます。S株とは銘柄の単元に関わらず、1株単位から購入できる制度です。例えば1株10...

未成年から海外株に投資未成年者でも世界の超有名企業の株を購入することができます。例えば、スティーブ・ジョブズが創業して、iPhoneやiPodを開発して世界を驚かした世界最大級の時価総額を誇る「アップル」。世界の検索エンジンを作った「グーグル」。会員数10億人以上世界最大級のSNS「フェイスブック」実はあまり知られていないが、このような世界を引っ張る一流企業にも投資することはできるのです。し...

スポンサードリンク