スポンサードリンク

未成年はクレジットカードを持つことができるのか?

未成年でもクレジットカードを作ることができます。

 

但しいくつか条件があります。

 

18歳以上

 

高校生・中学生は不可

 

親の承諾が必要

 

・・・など会社によっては20歳未満のクレジットカード発行を認めていないところもあります。

 

高校生はクレジットカードを作ることを認められていませんが、デイビットカードというクレジットカードに似たようなカードなら作ることができます。

 

未成年の学生・フリーターどちらでもクレジットカードを作れます。

 

学生の身分の方でアルバイトをしていない無収入の方やアルバイトをしているフリーターならクレジットカードを作ることは可能です。

 

ただし、学生でも無く収入の無いニートはクレジットカードを作ることができません。

 

学生ではない未成年者の場合は多少収入が無いとクレジットカードを作ることはできません。

 

クレジットカードをどうしても作りたい場合は収入があることを証明する必要があります。

 

ちなみに未成年で民間企業や公務員として働いている人もクレジットカードを作ることができます。

 

クレジットカードの審査が通りやすくなる方法

 

審査基準は一般公開されていませんが、私の経験上ですと下記の2つ方法を使うと審査に通りやすくなります。

 

キャッシング枠をゼロにする

 

ショッピング枠を最低水準にする

 

複数のクレジットカード会社に申し込む

 

未成年者の場合、大人と比べると信用が低いのでこれらを気にしないで申し込みをすると審査に落ちる可能性が高いです。

 

特にキャッシングはお金を借りるという意味で未成年者がお金を借りるとトラブルに巻き込まれる可能性が高いため、クレジットカード会社からしたお金を貸したくないはずです。

 

ショッピング枠とは一回の買い物で使える上限金額です。最低基準が10万円までなど会社によって異なります。

 

ショッピング枠もできるだけ最少にすることでクレジット会社は安心できると思います。

 

クレジットカードの審査基準は不明なため、絶対落ちるだろうと思われている人でも案外審査に合格してしまうこともあります。

 

数を打てば当たるというものです。最低でも3社~5社に申し込むことをおすすめします。

 

未成年の学生・フリーター・社会人のクレジットカードを作るための会社

 

未成年者におすすめのクレジットカードは下記の通りです。

 

未成年からクレジットカードを作る記事一覧

クレジットカードは日本で3億枚以上発行されているカードです。日本人なら1人約2枚程度で所有している計算になります。大人だけで考えれば1人3枚以上は持っていると言われています。クレジットカードは最近では、コンビニ、スーパー、ショッピングモール、ファミレスなどほとんどの場所で使えるようになっています。そのため、一部の人では現金を持ち歩かないでカードのみを所有している人もいます。クレジットカードが使用で...

銀行のキャッシュカード銀行のキャッシュカードでは自分でATMに行ってお金を預けたり、引き出したりすることができます。ポイントカードポイントカードは商品やサービスを購入した時にカードを提示することで100円で1ポイントなどカードの決まりによってポイントが付与されます。貯めたポイントを現金の代わり使えたり、商品と交換することができます。ポイントカード基本的に決められた場所以外では利用することができませ...

世界のクレジットカードの歴史クレジットカードの歴史は1949年にさかのぼります。今となっては伝説になっているこんな実話があります。ある経営者がレストランで食事をしていた時の話です。彼は突然慌てだしました。お金を忘れてしまったのです。結局、奥さんを呼んでお金を持ってきてもらって事は解決したそうですが、こんなみじめな思い2度としたくないと思ったそうです。その時、大変な思いをした彼が考えついたのがつけで...

クレジットカードの会員申し込みクレジットカードを利用するためにはまずクレジットカード会社に書類やインターネットを使って申し込む必要があります。申し込み時に会社の規則に定められた規約に同意する必要があります。会社によって多少異なりますが、「本人以外に譲渡しない」、「支払期日を守る」などが記載されています。会社は年齢、職業、年収など信用性を審査します。そのため会社の基準によってはカードを発行してもらえ...

現金を所有する必要が無いクレジットカードの特徴としてはお金を持っていなくても商品やサービスを買うことができることです。また、買いたい洋服が3万円で現金を1万円しか持っていなくてもクレジットカードがあれば購入することができます。お金を支払う作業やおつりを受け取ることも無いので会計が素早くできます。常に大金を財布に入れる必要が無くなるので、お財布の中身もキレイになるでしょう。ポイントが付くクレジットカ...

銀行口座の残高を把握しておくクレジットカードの利用は銀行口座にお金があることを確認した上で使いましょう。購入代金の支払いの引き落としが期日までにできないと規約違反となり、カードが一時的に使えなくなったり、会員を脱退しなければいけないこともあります。最近ではお金の管理ができない人が多く、こうした未払いのトラブルが増えています。クレジットカードでいくら使ったのか管理するいろいろな物をカードで購入してい...

クレジットカードを盗難・紛失されたら?カードの紛失・盗難はできれば避けたいですが、万全に管理しているつもりでもトラブルに巻き込まれてしまう可能性が誰でもあるのです。まずクレジットカードが無くなったことにつが付いたら、すぐにクレジットカード会社に連絡してサービスの停止をお願いしてください。クレジットカード会社の連絡先ですが、通常カードの裏面に書いてありますので、カードが届いた時に番号を控えておくこと...

一括払いクレジットカードを利用して1回で支払う方法です。基本的に手数料もかからず、すぐに決済できるので一番理想な支払方法と言えます。ボーナス払い民間企業のボーナスや公務員の期末勤勉手当が出る人が対象となります。会社によって時期は多少異なりますが、夏のボーナスは6月、7月、冬のボーナスは12月が一般的です。支払い方法はボーナス一括払いやボナースを含めた分割で払う方法があります。ボーナス一括で支払うの...

クレジットカードは海外でも使える?最近のクレジットカードのほとんどが海外でも利用可能です。海外旅行なので使うつもりなら一応確認しておきましょう。日本に比べると海外では犯罪に巻き込まれる可能性が高いと言われています。特に海外の人から見ると日本人は絶好のカモだと思います。そのため現金をたくさん持っていくのは危険でもあるのです。もし、盗難にあった場合現金は犯人が逮捕されないとしばらく戻ってきませんが、ク...

スポンサードリンク