スポンサードリンク

株式投資の仕組みを学ぼう!

株式投資ってなんだろうか?株式投資をしている人の中でもこの質問に答えられる人は少ないでしょう。

 

ここでは未成年でも分かる株式投資の仕組みを説明していきます。

 

株式会社

 

株を簡単に説明すると、会社を設立する時やこれから新しい事業を行う時は大きなお金が必要になるものです。

 

しかし、多くの人が大金を持っているとは限りません。そこでお金持ちの資産家に株券を買ってもらいお金を出資してもらうのです。

 

この仕組みで運営されている会社が「株式会社」となります。

 

株式会社では経営者と出資者が異なるケースが多いのです。

 

素晴らしいアイデアを持っているけどそれを実現するためのお金を持っていない人と、

 

高利回りの資産運用をしたいお金持ちの資産家が共同で作り上げるのが「株式会社」なのです。

 

株式会社に出資した人を投資家又は株主といいます。

 

株式会社は出資してもらったお金で事業など会社経営を行う訳ですが、

 

お金を提供した株主も、単に心が広いだけとは限りません。当然、出資した分の利益を求めるわけです。

 

株主に出資してもらった会社は事業が軌道に乗れば、出資率に応じて株主に利益を還元する必要があります。

 

そのいくつかの方法が後ほど紹介する「配当金」や「株主優待」となります。

 

一般の人が購入できる株

 

株式を買いたいと思っても全ての株式会社の株を購入できる訳ではありません。

 

会社が株を一般の人に購入してもらうには株式を公開する必要があります。

 

株式を公開するには会社を一定の審査を得て上場企業になる必要があります。

 

実は上場している場所(株式市場)は会社の実績などによって違うのです。

 

では日本の株式市場をいくつか紹介します。

 

東証一部と二部

 

東京にある取引所で規模は日本最大級になります。

 

東証一部は上場の審査基準は全株式市場で一番難しいとされています。

 

東証マザーズ

 

ベンチャー企業などの若手の会社が多く存在しています。

 

大証(だいしょう)

 

全国に5か所設置されています。

 

日本で2番目に規模の大きい取引所と言われています。

 

JASDAQ(ジャスダック)

 

東証一部に比べると上場の審査基準がやさしいと言われています。

 

ベンチャー企業が中心となっています。

 

 

*その他にも大阪や名古屋にも証券取引所は設置されています。

 

株式投資の仕組み

 

会社にお金を出資したけど、急にお金が必要になることがあります。

 

その場合市場に株式を公開している会社であれば、市場が開いている時間帯に売ることができます。

 

株式市場とは株を買ったり、売ったりできる場所と覚えておくといいと思います。

 

再度会社の株がほしくなれば、一度売った人でも購入することができます。

 

これが株式投資の仕組みとなります。

 

株式会社は足りない資金を株を売ることによって得ることができ、

 

投資家は成長しそうな期待できる会社にお金を提供し、事業などが成功すれば株価などに反応して利益を還元してもらえる。

 

会社にも投資家とってもニーズのある素晴らしい仕組みなのです。

 

 

以上「株って何?」でした!

 

株価の決まり方へ進む

 

未成年の株取引へ戻る

 

 

スポンサードリンク