スポンサードリンク

クレジットカードとは?

クレジットカードは日本で3億枚以上発行されているカードです。日本人なら1人約2枚程度で所有している計算になります。

 

大人だけで考えれば1人3枚以上は持っていると言われています。

 

クレジットカードは最近では、コンビニ、スーパー、ショッピングモール、ファミレスなどほとんどの場所で使えるようになっています。

 

そのため、一部の人では現金を持ち歩かないでカードのみを所有している人もいます。

 

クレジットカードが使用できる場所なら、現金はかさばるので持ち歩かない方が楽かもしれませんね。

 

クレジットカードの使い方

 

商品やサービスの購入

 

クレジットカードは物を購入する時に使用しますが、場所によっては伝票にクレジットカードに書いてある名前と同じサインをすることもあります。

 

一般的にコンビニなどほとんどの場所ではサインは必要ありません。

 

ATMで入金や払い戻し

 

銀行のキャッシュカードではコンビニやいろいろな場所に設置されているATMで現金を預けたり、払い出しすることができます。

 

通帳で現金を入金したり、払い戻すものと思い込んでいる人も多いようですが、少額であればクレジットカードがあれば十分なのです。

 

クレジットカードの注意点

 

注意が必要なのはクレジットカードを利用する人は必ず裏面の署名欄に自分の名前をフルネームで書く必要があります。

 

意外と忘れてしまっている人が多いの気を付けましょう。

 

それと当たり前のことですが、カードを折り曲げたり、ダメージを与えると使えなくなることがあります。

 

 

以上「クレジットカードの基礎知識」でした!

スポンサードリンク