スポンサードリンク

クレジットカードの誕生

世界のクレジットカードの歴史

 

クレジットカードの歴史は1949年にさかのぼります。

 

今となっては伝説になっているこんな実話があります。

 

ある経営者がレストランで食事をしていた時の話です。

 

彼は突然慌てだしました。お金を忘れてしまったのです。

 

結局、奥さんを呼んでお金を持ってきてもらって事は解決したそうですが、こんなみじめな思い2度としたくないと思ったそうです。

 

その時、大変な思いをした彼が考えついたのがつけで決済できるシステムです。

 

その後、彼は法律関係に詳しい友人に相談して、つけで決済するシステムを作ればビジネスになると2人は考えました。

 

そう彼こそは世界初のクレジットカード会社「ダイナークラブ」の創業者フランク・マクナラだったのです。

 

仕組みは飲食店で食事をする人のために身分証明書となるカードを発行し、会計の際提示することで”つけ”に出来るシステムです。

 

最初のカードは現在使われている立派な物とは程遠く、すぐに破れそうな紙切れのような素材でした。

 

こうして1950年にクレジットカードは誕生したのです。

 

その後クレジットカードの文化はアメリカで急激に発展していき、有名なアメリカン・エキスプレスやバンクオブ・アメリカカード(現VISA)などが業界に参入しました。

 

日本をはじめ世界中にクレジットカードのシステムは広がっていったのです。

 

日本のクレジットカードの歴史

 

1960年に富士銀行(現みずほ銀行)と日本交通公社(現JTB)が合同でJAPANダナーズクラブを設立しました。

 

日本ではクレジットカードの理解を得るのは大変で、なかなか進展せず苦労したそうです。

 

当時クレジットカードは世にも珍しい物だったそうです。

 

 

以上「クレジットカードの歴史」でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク