スポンサードリンク

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの会員申し込み

 

クレジットカードを利用するためにはまずクレジットカード会社に書類やインターネットを使って申し込む必要があります。

 

申し込み時に会社の規則に定められた規約に同意する必要があります。会社によって多少異なりますが、「本人以外に譲渡しない」、「支払期日を守る」などが記載されています。

 

会社は年齢、職業、年収など信用性を審査します。そのため会社の基準によってはカードを発行してもらえないこともあります。

 

この人は信用できる人だと判断されれば審査を通ってクレジットカードが発行されます。

 

クレジットカードを発行してもらえるということは信用されている証なのです。

 

クレジットカード加盟店

 

クレジットカード会社はいろいろ場所でカードが使えるように利用できるお店を募集します。

 

いろいろなお店でカードを使えることによってクレジットカードを発行したい人が増えるからです。

 

加盟店での支払い

 

クレジットカードを加盟店で利用する時の決済ルートですが、加盟店が立て替える訳ではありません。

 

クレジットカード会社が立て替えてすぐに加盟店にお金を支払い、会員の銀行口座から購入した分のお金を一括か分割で引き落とします。

 

クレジットカードの決済の流れ

 

①会員が加盟店で商品を購入

 

②クレジットカード会社が加盟店に先に立て替えてお金を支払う

 

③クレジットカード会社は会員の銀行口座から利用したお金を引き落とす。

 

クレジットカードのシステム

 

会員は商品を購入する際に現金を所有している必要はありません。

 

加盟店はすぐにクレジットカード会社が立て替えもらえるので助かり、お客さんが増え売上になりやすくなります。

 

クレジットカード会社は加盟店から会員が利用したお金の数%を手数料としてもらいます。

 

その後、立て替えていた分を一括か分割で会員の銀行口座からお金を引き落とします。
*会員は支払方法などによって利息を支払う義務が生じる場合もあります。

 

このように「クレジットカード会社」、「加盟店」、「会員」全てがハッピーになる仕組みなのです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク