株価

スポンサードリンク

株価の見方とは?

株価は毎日ように変動していますが、株価はどのようにして決まっているか知ってますか?

 

実はすごく単純なんです。

 

株を買いたい人と売りたい人の需要と供給で株価は決まります。

 

つまり、株価が上がるということはその株の購入量(需要)が売却量(供給)を上回っているということです。

 

逆に株価が下がるということはその株の売却量(供給)が購入量(需要)を上回っているということです。

 

日常の商品も需要と供給によって値段が決まりますが、変化は少ないのです。

 

しかし、株価は需要と供給の量は日々激しい変化をしているので、株価が高くなったり、安くなったりするのです。

 

例えば1株1000円の会社の株式がありました。

 

1株1000円はお買い得と考える人が多ければ株は購入され株価は上がります。

 

逆に株式市場において950円が適性価格だと判断されれば、値段は下がるでしょう。

 

株価は買いたい人と売りたい人の適性だと思う株価で売買されるのが基本です。

 

 

以上「株価の決まり方」でした!

 

株で儲かるとは?へ進む

 

株って何?へ戻る

スポンサードリンク