スポンサードリンク

未成年者で米国株や中国株を買える?

未成年から海外株に投資

 

未成年者でも世界の超有名企業の株を購入することができます。

 

例えば、スティーブ・ジョブズが創業して、iPhoneやiPodを開発して世界を驚かした世界最大級の時価総額を誇る「アップル」。

 

世界の検索エンジンを作った「グーグル」。

 

会員数10億人以上世界最大級のSNS「フェイスブック」

 

実はあまり知られていないが、このような世界を引っ張る一流企業にも投資することはできるのです。

 

しかも未成年でも可能なのです。

 

その他の国では中国株、韓国株、ベトナム株、ロシア株などに投資することが可能です。

 

未成年者の証券口座開設を認めているグローバルな証券会社としてSBI証券とマネックス証券があります。

 

マネックス証券の海外株式

 

マネックス証券では中国株と米国株を取り扱っています。

 

株初心者でも操作が簡単なので、手軽に簡単に海外株を始めることができると思います。

 

SBI証券の海外株式

 

SBI証券では米国株、中国株、韓国株、ロシア株、ベトナム株を取り扱っています。

 

マネックス証券に比べて海外の金融商品が豊富になっています。

 

 

 

以上「未成年でも海外の株を買えます」でした!

スポンサードリンク