スポンサードリンク

レバレッジはテコの原理

レバレッジとは?

 

レバレッジとは証拠金(保証金)を取引会社の納めることで、

 

納めた金額の1倍~25倍程度の金額でFX取引できるというものです。

 

つまり、証拠金100万円でレバレッジ25倍で取引すると・・・

 

100万円×25倍=2,500万円

 

実際には100万円しか持っていなくても証拠金として預けることによって2,500万円の金額で取引することができる仕組みです。

 

このようにFXでは外貨預金とは異なり、小さな金額から始めることができるのです。

 

10万円あれば最大で250万円の取引ができる訳ですから、

 

若い未成年の方でも少額からでもハイリターンを狙える投資として近年非常に人気となっています。

 

FXのレバレッジ取引

 

ここではレバレッジを使った場合のFX取引の例を紹介します。

 

Aさんは証拠金50万円を納め、レバレッジ10倍でFX取引を始めることになりました。

 

50万円×10倍=500万円

 

500万円分の資金で取引することになります。この資金で1ドル100円の米ドルを5枚購入しました。

 

100円×米ドル5万枚=500万円

 

その後米ドルが110円になったところで米ドル5万枚全て売却しました。

 

110円×米ドル5万枚=550万円

 

利益は・・・

 

550万円(売却額)ー500万円(購入額)=50万円(利益)

 

つまり元金50万円から50万円の利益を生み出したことになります。

 

ではレバレッジなしで取引した場合ではどうでしょうか?

 

このケースで50万円そのままで投資した場合の利益は5万円になります。

 

50万円ー5万円=45万円

 

レバレッジした場合としていない場合ではこれだの差が出てしまいます。

 

レバレッジのリスク

 

上記の例だけ見るとFXは簡単に利益を得られる投資だと勘違いしてしまう可能がありますので、

 

ここではレバレッジのリスクについて紹介します。

 

FXはリターンが大きいと言われていますが、その分リスクも大きいです。(ハイリターン・ハイリスク)

 

例えばレバレッジ10倍で100万円を証拠金として運用した場合、

 

為替レートが1円動いただけで10万円の損失が出ることになります。

 

上記の例のように10円動けば100万円の損失になります。

 

つまり大きな利益を得る可能性があるということは大きな損失を出す可能があるということを覚えておいてください!

 

レバレッジは利益と損失の幅を広げる制度です。

 

マージンコールとロストカット

 

FX取引の安全装置として、マージンコールとロストカットという制度が存在します。

 

マージンコール

 

マージンコールとはFX口座の残高が決められたパーセンテージ以下になった場合、

 

一定の割合まで残高を戻し、リスクを軽減するために追加入金の連絡してくれる制度です。

 

現在ではマージンコール制度を導入している会社は少ないですが、一応覚えておくといいでしょう。

 

ロストカット

 

ロストカットとはFX口座の残高が決められた割合より少なくなった時、強制的に決済する制度です。

 

強制決済ということに悪いイメージもありますが、この制度のおかげで大きな損失を抑えてくれることもあります。

 

私も、FX初心者時代に為替相場大きな変動で損失を出し強制決済されたことがありますが、

 

ロストカット制度による強制決済のおかげで損失をかなり抑えることが出来ました。

 

追加入金の要求や強制決済されないためには?

 

まず第一として、追加入金を要求されたり、強制決済されるようではFX投資家としてまだまだと言うことです。

 

マージンコールやロストカットに掛からないように、余裕をもった金額で投資するべきだと思います。

 

 

以上「レバレッジとは?」でした!

 

スワップポイントとは?へ進む

 

FXとは?へ戻る

スポンサードリンク